FISA ホーム > 協会概要 > 今年度の事業内容

今年度の事業内容

Fermentation biotechnology course Recycling and environmental course Shokuno science course


Such as food, agriculture, medicine and the environment, biotechnology surrounding the life, challenges to recycling technology!

 

 新型コロナウイルスが我々の日常や経済に大きな影響を与えている中で、IoT,AIなどといったデジタル技術に対するニーズはより大きなものになっており、情報サービス産業の果たすべき役割はますます重要になっている。

 このような中、当協会では、時代のニーズを的確に捉え、FISA第5期中期計画(令和元年度~令和3年度)に掲げる「地域への貢献、そして地域との共創へ」という目指すべき姿を実現すべく、その基本施策に基づき、各委員会を中心に幅広い事業を積極的に展開していく。

 特に今年度は、デジタル庁の創設に象徴されるように「デジタル化元年」ともいえる節目の年でもあり、Withコロナの制約はあるもののあらゆる創意工夫を凝らし、既存事業の継続的実施、・拡充、新規事業の積極的な展開に、会員一丸となって取り組んでいくこととする。

 

[FISA中期事業計画に掲げる基本施策]

    1. 情報サービス産業関連技術の調査研究促進
    2. 情報サービスの安全性・信頼性の確保のための調査研究及び普及啓発活動
    3. 情報処理技術者の育成・確保に関する施策
    4. 情報化推進のための普及啓発活動
    5. 情報化に関する情報の収集及び提供事業
    6. 会員企業の満足度向上のための施策

 

 

Fermentation biotechnology course

 

(1)法人事業

 

 協会運営の基本的事項、活動方針、活動内容等の決定機関である「総会」「理事会」を適宜開催するとともに、各委員会において、担当事業の企画・運営を行う。
併せて、理事会・委員会合同会議や委員会連絡会議において、事業内容や進捗状況等について意見交換を行い、情報の共有を図り、事業の効果的・効率的な推進を図る。

事 業 名 事 業 内 容 摘 要
①通常総会 ・FISA運営の重要事項についての意思決定 6月開催
②理事会 ・事業計画及び収支予算の決定
・事業報告及び収支決算の承認
・会長、副会長及び専務理事の選定
・FISAの業務執行の決定
年4回の定例会
必要に応じて臨時
理事会を開催
③理事会・委員会合同会議 ・主要事業、課題等について意見交換、調整 年1回開催
④委員会連絡会議 ・委員会相互の連絡調整 年4回開催
⑤委員会合同施策検討会 ・委員会合同での施策・課題の検討 夏季開催
⑥常任委員会等 ・委員会所管事業の企画運営、会員交流推進 随時開催

 

令和元年度 通常総会
理事会・委員会合同会議

 

(2)普及啓発事業(公益事業)

 

 最新技術セミナーの開催、ICT業界に対する理解の促進、ICT利活用の促進など情報化を推進するための事業を実施する。

事 業 名 事 業 内 容 担当委員会
①「ふくおかクラウド
アライアンス」活動
・ICT中心とした行政、商工団体等との
地域連携活動
・ビジネス開発委員会
②IT業界特別講義 ・大学等で出前講義(産学連携事業)の実施
・6大学等で実施予定
・産学連携推進チーム
③子どもデジタルデザインコンテスト ・小学生を対象に、パソコンで描いた絵のコンテストを開催。
・プログラミング部門の創設を推進。
・DDコンテスト
企画チーム
④子供向けプログラ
ミング講座
・小学生を対象に、プログラミング講座開催 ・教育委員会
⑤公開セミナーの開催 ・IoT、クラウド、AI等のセミナー開催
・情報セキュリティセミナー開催
・ビジネス開発委員会

 

 

(3)情報発信事業

 

 行政機関、情報サービス産業関連団体などとの連携を強化し、収集した情報を会員へ提供する。また、SNSの積極的な活用により会員間の情報共有化と交流を促進する。
さらに、懇親会や情報交換会など、会員相互の交流機会の充実を図る。

事 業 名 事 業 内 容 担当委員会
①ホームページの
リニューアル
・セキュリティ強化や情報発信力の向上のため、全面的なリニューアルを実施。(新)
・適切な運用、管理。
・広報委員会
②広報誌の発行 ・「FISAニュース」発行(年2回) ・広報委員会
③会員名簿の発行 ・年1回 ・広報委員会
④組織拡充の取組 ・新規入会キャンペーンの実施(新) ・企画調査委員会
⑤講演会の開催 ・総会開催時に講演会を開催 ・企画調査委員会
⑥未来 Innovation in
九州 2021
・(一社)日本経営協会との共催
・FISA会員の情報発信
・企画調査委員会
⑦ビジネス開発事業 ・様々なビジネス機会の創出
・VNITOジャパン㈱との連携
・ビジネス開発委員会
・事務局
⑧出会いと交流事業 ・総会開催時の懇親会、合同交流新年会 ・各委員会輪番
・企画調査委員会
⑨FISA-facebookの活用 ・FISA会員を各委員会等でグループ設定を行い、迅速かつ確実な情報交換を実施 ・広報委員会
⑩プレゼンテーション活動の推進 ・各委員会等における会員企業PRの場の提供 ・各常任委員会
⑪ANIA、JISA
活動への参加
・全国大会、総会、理事会、新春交歓会、
事務局長会議等への出席及び情報交換。
・事務局
・各委員会
⑫行政機関との連携 ・国、福岡県、福岡市等との連携。
・「デジタルの日(10月10日、11日)」に合わせた啓発事業の実施。(新)
・事務局
・各委員会
⑬各種事業への
後援・協力等
・FISAの事業目的に沿った他団体の
イベント等に対する後援・協力
・事務局
・各委員会

 

未来Innovation in 九州
ベトナムICTネットワーキング

 

(4)人材確保事業

 多様な研修の実施、地元大学との連携あるいは全国を対象とした合同企業説明会の実施、iCDの導入・活用の推進など、会員企業における人材育成、確保を支援する。

事 業 名 事 業 内 容 担当委員会
①FISA合同企業説明会 ・IT業界に関心を持つ大学生を対象とした
会社説明会(春季、秋季)を実施
・全国版の実施
・産学連携推進チーム
②中途採用に向けた
取組
・UIJターン希望者に対する求人情報の発信 ・企画調査委員会
②タイアップ研修 会員企業と連携し、研修を実施。
〇技術研修
・㈱福岡ソフトウェアセンター
・非営利活動法人AIP
・麻生教育サービス㈱
〇一般研修
・(一社)日本経営協会
・教育委員会
③生産性向上支援訓練 ・独)高齢・障害・求職者雇用支援訓練機構から受託。 ・教育委員会
④ITコーディネータ
研修
・コーディネータ資格認定用研修を実施。 ・教育委員会
⑤iCD利活用の推進 ・iCDワークショップ及び情報交換会を
実施
・教育委員会

 

タイアップ研修
合同企業説明会

 

(5)福利厚生事業

 会員企業・従業員向けの福利厚生の充実を図るため、メンタルヘルス対策やワークライフバランスの充実等健康対策事業、福利事業を推進します。

事 業 名 事 業 内 容 担当委員会
①メンタルヘルス対策 ・時宜を捉えたテーマのセミナー開催
(健保組合との共催)
厚生委員会
②働き方改革推進事業 ・時宜を捉えたテーマのセミナー開催 厚生委員会
③健康促進事業 ・会員家族も対象とした事業の実施 厚生委員会
④役員・委員会対抗
ゴルフコンペ
・年2回開催 各委員会輪番制
⑤共済事業 ・団体生命・障害保険、IT業務総合補償保険
・復職支援に向けた新たな制度の創設
厚生委員会

 

Fermentation biotechnology course

名  称 構  成
1.理事会  理事19人・監事2人         計21人
2.常任委員会  企画調査委員会(55社) 教育委員会(45社)

広報委員会(41社)   厚生委員会(28社)

3.DDコンテスト企画チーム  4委員会(各2~3人)        計 8人
4.産学連携推進チーム  4委員会(各3~4人)        計14人
5.ビジネス開発委員会  4委員会(各2~4人)        計12人
                                   令和3年8月1日現在