FISA ホーム > 協会概要 > 今年度の事業内容

今年度の事業内容

Fermentation biotechnology course Recycling and environmental course Shokuno science course


Such as food, agriculture, medicine and the environment, biotechnology surrounding the life, challenges to recycling technology!

近年の社会経済環境の変化は著しく、ICTの利活用が、社会経済活動の維持・発展に不可欠なものとなっております。

今後、ビッグデータの活用やあらゆるモノがインターネットで繫がるIoT、人工知能など最新の技術を基に社会全般のICT化が一層進展していくものと予測されております。

このような中、当協会は進化し続けるICTに対応し、セキュリティに十分配慮した、安全で利便性の高いサービスをユーザーや地域社会に提供していくことが求められているところです。

平成29年度は、FISA中期事業計画(H28年度~H30年度)に掲げるビジョン『FISAの活動を通じて、地域内の企業・団体との交流を深めることで、地域の情報化推進と共創に貢献する。地域ICT活性の協力活動を通じて、会員企業ビジネス活性化に寄与することを目指す』を具現すべく、FISA基本施策に沿って事業を推進して参ります。

[FISA中期事業計画に掲げる基本施策]

    1. 情報サービス産業関連技術の調査研究促進
    2. 情報サービスの安全性・信頼性の確保のための調査研究及び普及啓発活動
    3. 情報処理技術者の育成・確保に関する施策
    4. 情報化推進のための普及啓発活動
    5. 情報化に関する情報の収集及び提供事業
    6. 会員企業の満足度向上のための施策

 

 

Fermentation biotechnology course

(1)法人事業

 

 協会運営の基本的事項、活動方針、活動内容等の決定機関である「総会」「理事会」を適宜開催するとともに、各委員会等において、担当事業の企画・運営を行って参ります。

 併せて、理事会・委員会合同会議や委員会連絡会議において、事業内容や進捗状況等について意見交換を行い、情報の共有を図り、事業の効果的・効率的な推進を図ります。

事業名

事業内容

担当委員会

 ①通常総会

 ・年1回

 ・貸借対照表及び損益計算書の承認

 ・役員の選任

 ・役員報酬の額

 ・臨時総会は必要に応じて開催

・事務局

 ②理事会

 ・事業計画及び収支予算の決定

 ・事業報告及び収支決算の承認

・会長、副会長及び専務理事の選定

 ・FISAの業務執行の決定

 ③理事会・委員会合同会議

 ・年1回

 ・主要事業、課題等について意見交換、調整

 ④委員会連絡会議

 ・年4回

 ・委員会事業の連絡調整、連携

 ⑤委員会合同施策検討会

 ・夏季開催

 ・委員会合同での施策・課題の検討

・企画調査委員会

・各委員会

 ⑥常任委員会等

 ・随時開催

 ・委員会所管事業の企画運営、会員交流推進

・各委員会

 ⑦会員増強運動の展開

 ・会員による新会員勧誘活動の推進

 ・HP、広報誌等によるFISA活動情報の発信

・理事会

・各委員会

通常総会
通常総会
理事会・委員会合同会議
理事会・委員会合同会議

(2)普及啓発事業(公益事業)

 

 最新技術セミナーの開催、IT業界に対する理解の促進、IT利活用の促進など情報化を推進するための事業を実施します。

事業名

事業内容

担当委員会

①「ふくおかクラウドアライアンス」活動

・ITを中心とした行政、商工団体等との地域連携活動

・ビジネス開発委員会

②IT業界特別講義

・大学等で出前講座(産学連携事業)の実施

・3大学等で実施予定

・産学連携推進チーム

③ふくおか・ゆめ・みらいCGコンテスト

・小学生を対象に、パソコンで描いた絵のコンテストと入賞作品展示会の開催

・CGコンテスト企画チーム

④子供向けプログラミング講座

・小学生を対象に、プログラミング講座開催

・教育委員会

⑤公開セミナーの開催

・IoT、クラウド、AI等最新技術セミナー開催

・情報セキュリティセミナー開催

・ビジネス開発委員会

 

 

 

(3)情報発信事業

 

 IT関連団体・地域経済団体・行政との連携を強化し、収集した情報を会員へ提供する活動を推進します。また、SNSの積極的な活用により会員間の情報共有化と交流を促進します。

 総会、各種会議後の懇親会・情報交換会の開催により、会員相互の交流機会・場所の提供を充実して参ります。

事業名 事業内容 担当委員会
①ホームページのメンテナンス ・適切な管理により、最新情報の発信とイベント情報、会員情報の迅速な更新 ・広報委員会
②広報誌の発行 ・「FISAニュース(第59号・第60号)」発行 ・広報委員会
③会員名簿の作成・発行 ・会員情報を更新、200部発行 ・広報委員会
④講演会の開催 ・総会開催時(6月)に講演会を開催 ・企画調査委員会
⑤ビジネスシヨウ&エコフェア2017

・(一社)日本経営協会との共催で会員企業の商材出展

・企画調査委員会
⑥ビジネス開発事業 ・ネット通販参入支援等ビジネス機会の創出

・ビジネス開発委員会

⑦出会いと交流事業

 

・総会開催時の懇親会、合同交流新年会

・ビジネスシヨウ2017名刺交換交流会

・各委員会輪番

・企画調査委員会

⑧FISA-facebookの活用

・FISA会員を各委員会等でグループ設定を行い、迅速かつ確実な情報交換を実施

・広報委員会
⑨プレゼンテーション活動の推進 ・各委員会等における会員企業PRの場の提供 ・各常任委員会
⑩ANIA、JISA等の諸活動に参加 ・全国大会、総会、理事会、新春交歓会、事務局長会議等への出席、情報交換 ・事務局
⑪行政機関との連携 ・九州経済産業局、福岡県、福岡市との連携 ・事務局
⑫IT関係機関との連携 ・(公財)九州先端技術研究所、飯塚研究開発機構等との連携 ・事務局
⑬各種事業への後援・協力等 ・FISAの事業目的に沿った他団体のイベント等に対する後援・協力 ・事務局

ビジネスショウ九州2015
ビジネスショウ九州2015
合同交流新年会
合同交流新年会

(4)人材確保事業

 IT業界における人材の育成・確保を図るため、会員企業等と連携し、効果的な研修を実施します。また、iCDの導入・活用を推進し、会員企業における人材育成モデルの創出を促進します。このほか、大学と連携した合同企業説明会や若手技術者セミナー等を実施します。

事業名

事業内容

担当委員会

①タイアップ研修

会員企業と連携し、研修を実施 50講座

〇技術研修

・㈱福岡ソフトウェアセンター(16講座)

・非営利活動法人AIP(3講座)

・麻生教育サービス㈱(23講座)

〇一般研修

 ・(一社)日本経営協会 (8講座)

・教育委員会

②ITコーディネータケース研修

・コーディネータ資格認定用研修を実施

・教育委員会

③iCD利活用の推進 ・iCDワークショップ及び情報交換会を実施 ・教育委員会

④FISA合同企業説明会

・IT業界に関心を持つ大学生を対象とした会社説明会を実施

・産学連携推進チーム

⑤多様性のある情報交換・学びの場の提供

・若手技術者、女性社員等の層を絞った勉強会

・企画調査委員会

・教育委員会

タイアップ研修
タイアップ研修
先進企業見学会
先進企業見学会

(5)福利厚生事業

 会員企業・従業員向けの福利厚生の充実を図るため、メンタルヘルス対策やワークライフバランスの充実等健康対策事業、福利事業を推進します。

事業名

事業内容

担当委員会

①メンタルヘルス対策事業

・メンタルヘルスケアセミナーの開催(健保組合との共催)

・厚生委員会

②ワークライフバランス事業

・ワークライフバランスセミナーの開催

・厚生委員会

③健康促進事業

・健康ハイキング実施

・厚生委員会

④役員・委員会対抗ゴルフコンペ

・年2回開催

・各委員会輪番制

⑤共済事業

・団体生命・傷害保険、IT総合補償保険

・厚生委員会

 

 

Fermentation biotechnology course

名  称

構  成

1.理事会

理事19人・監事2人         計21人

2.常任委員会

 企画調査委員会(59社) 教育委員会(39社)

 広報委員会(45社)   厚生委員会(30社)

3.CGコンテスト企画チーム

 4委員会(各2人)          計 8人

4.産学連携推進チーム

 4委員会(各2人)          計 8人

5.ビジネス開発委員会

 4委員会(各3~4人)        計14人