FISA ホーム > 委員会活動 > CGコンテスト企画チーム

CGコンテスト企画チーム

委員会に関する資料は各種ダウンロードページを参照下さい。

CGコンテストの認知度は高まり、応募数も年々増えてきています。

法人化10周年記念事業の社会貢献の一環として「ふくおか・ゆめ・みらい 創造コンテスト」を実施したのが始まりです。その後は「ふくおか・ゆめ・みらい CGコンテスト」と名称を変えて毎年実施しており、今年で11回を迎えることとなりました。毎年多くの機関・団体にご協力・ご支援を賜り、会員企業の皆様の広報活動・協力等もあって、CGコンテストの認知度が高まってきています。また、応募数も年々増えており応募された小学校でもパソコンクラブの課題として活用される学校も多くなっています。

チーフ 今村 健司

CG contes increases table         Aqcuarium

活動内容


毎年、4~6月を準備期間とし6月末には各市町村教育委員会へ募集要項を発送します。作品募集締切は 12月中旬で、1月に審査会、2月に展示会準備、3月に展示会を開催します。
1テーマだった応募作品のテーマを昨年度から3テーマからの選択制に変えたことで、子供たちがぞれぞれに自分に合ったテーマで取り組むことができるようになりました。ちなみに今年度は以下の3テーマからの選択となります。

・「ぼくのゆめ、わたしのゆめ」
・「住んでみたい みらいの町」
・「あったらいいな こんなイベント」

展示会の様子
展示会の様子
表彰式の様子
表彰式の様子

今後について


昨年度までの展示会場として利用していた福岡空港が拡張工事中のため、今まで通り使用可能か否か不透明 な状況です。応募は北九州地区からの応募が7割と高いこともあり、北九州地区においても展示会ができるように調整しています。 CGコンテストが子供たちのパソコンやITへの関心をより一層たかめるように広告・宣伝活動を行い、さらに、子供たちの創造性や才能を伸ばすきっかけとしてお役にたてるよう邁進致します。