FISA ホーム > 委員会活動 > 広報委員会

広報委員会

委員会に関する資料は各種ダウンロードページを参照下さい。

広報委員会は、協会活動の周知を図ります。

 

広報委員会は、協会活動の周知を図るため、パンフレット、機関紙の発行及びホームページによる協会のPR活動に関することを主な役割として設立されました。

委員長 浦田 隆生
comtimg

活動内容

① 機関紙[FISAニュース]の発行

平成元年4月、FISAの前身として設立された「福岡県ソフトウェア協議会」(略称FSA)の「創刊号」が平成4年7月に発行され平成7年10月に「社団法人福岡県情報サービス産業協会」(略称FISA)が発足。それに伴い平成8年1月に「FSAニュース」から[FISAニュース」に改称され「FISAニュース11号」が社団法人化記念号として発行されました。

メンバーは一層充実した情報を提供するため、内容をはじめ紙面作りに工夫を重ねています。
内容は会長あいさつ、協会の活動報告、新会員の紹介、会社紹介、若手社員の紹介等を掲載しており新年号で
は更に各関係団体様の新年の挨拶なども掲載しています。
夏号の表紙画像には、CGコンテストの県知事賞作品の掲載が平成22年8月の46号より定着しましたが、新年号の表紙画像には、担当者が現場に出向いて撮影をおこなっています。それに加えFISA会員様からの写真を公募した物を検討し掲載しています。

FISAニュースの発行

FISAニュースの発行

② ホームページのメンテナンス

ホームページを平成9年2月に公開して、18年余りになりますが、会員情報の更新や内容の充実に努めているところです。主な内容は、下記のとおりです。
・ 会員に役立つ情報運用、内容の充実のための検討。
・ 各委員会ページを設け委員会ごとのメンテナンス。
・ 会員名簿のメンテナンスと協会活動時情報の掲載、ホームページからのリンク。
・ 平成25年度には「産学連携推進事業」「CGコンテスト事業」のブログ化やリンク内容の見直し等を手掛けました。
・平成26年度は、各委員会用の連絡コンテンツの作成、及びホームページ容量の問題に伴いサーバ移行を行い、ホームページURL及びFISAメールアドレスの変更等を手掛けました。
・ 平成27年度は、ホームページの企画提案およびリニューアルを行いました。
・ 会員情報の更新につきましては、毎年7月に「会員情報台帳調査」に係る一斉調査を行い更新しております。

旧ホームページ

旧ホームページ

新ホームページ

新ホームページ

③ 双方向の情報交換の仕組みの検討

インターネットを活用した協会情報の共有、会員相互の情報交換の充実を図るため、ホームページによる情報交換の場として平成15年4月~平成20年3月まで会員掲示板を掲載しました。
それから情報交換の仕組みをソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で平成21年4月に構築し、平成24年3月まで運用を開始しておりましたが、SNS利用アンケートを実施し、利用に際し契約申請等の手間がかかることや、「もっと簡単に、もっと多くの情報の共有に」を考え、Facebookへの対応を検討し平成24年4月より、Facebookにて「FISAグループ」を立ち上げました。
現在では、各委員会グループやイベント企画チームグループも立ち上げており、現在FISAグループ登録人数は、87名です。委員会内情報共有やコミュニケーションの場として、ご活用いただいています。また、FISA会員のみ閲覧できる「FISAグループ」では、会員企業様個々のイベント情報も告知掲載できます。
そして会員各社社員はもとより、より多くの方に見てもらえるよう平成29年2月に「FISA-Facebookページ」を立ち上げました。

FISAグループ
FISAグループ
FISA-Facebook
FISA-Facebook

今後について


機関紙の発行及びホームページのメンテナンス(リニューアル)はもとより、会員の皆様の情報交換・意見交換の場として会員の皆様だけが参加できる新たなFISAグループ(Facebook)の活用についても、より使い易く・わかり易くするためのガイドラインの作成検討を行います。 そしてより多くの会員の皆様が必要とする情報の提供と更に会員外の機関・団体への広報活動に取り組んで参ります。